学費・学費免除・奨学金・学生寮・アパート

講談社ちばてつや賞ヤング部門期待賞受賞!



デザイン研究課卒業生の優輝光太朗くんがマンガ賞を受賞しましたemojisign01
講談社ちばてつや賞第72回ヤング部門期待賞になりますemojisign03
卒業制作として描いた3部作品のうちの1作品で、
学生生活の集大成となる作品でマンガ賞を受賞したことは本当に嬉しい出来事です。


【作品タイトル】
  脇道世界のポートレート

  

【あらすじ】
  女子高生の美咲が出くわした、へんてこりんな生物の後を追うと、
  どこかで見たような見ないような不思議な世界が広がっていた。
  そこで出会う不思議な人々?との交流を重ねながら自分の中の大切なものに気づく物語。

  

【編集社の選評】
  作品から優しい雰囲気が溢れている。「大切なことは何か」を伝えることに成功している。

    

  「大切なことは何かを伝えることに成功している」という言葉が感慨深いemojipaper
  ストーリーマンガの授業で「読者に物語を伝えられているか」を指導しているからです。
  でも、それが一番難しい。。。

   ←ちばてつや先生の彫像型トロフィーemojisign03

   ←プレートが燦然と輝いていますemojishine

   ←入賞作品が収録されています
  これは受賞者達だけがもらえる、入賞作品が収録された特別本です。
  それぞれの作品に編集者の方々のコメントが入っていましたemojisign03 分厚いですemojisweat01



優輝くんは入学してからどんな教科でも興味を持って取り組んでいました。
本人は好きだからやっているのでしょうが、常に試行錯誤、失敗と成功の繰り返し。
これはいわゆる「努力」ですね。
人一倍の努力の積み重ねが結果を生んだんですね。emojiscissors

彼には「本気で取り組めばこのように成長できるんだemojisign03と思い知らされました。
後輩たちにはそのことをぜひ知って欲しいと思っていますemojisign03
専門学校生活はあっという間に過ぎていきますからね。

現在は講談社の担当編集者も付いており、アシスタントやイラストの仕事emojipenをしながら、
デビューに繋がる上位のマンガ賞を目指して日々取り組んでいます。
応援してますよemojisign03


そんな優輝光太朗くんはオープンキャンパスで体験授業をしてくれます。
どんな学生生活を送ってきたのか?編集者ってどんな感じ?などなど
なんでも直接聞いてみよう!


優輝君の関係書籍
○池田書店『フシギで楽しい妖怪+モンスター図鑑』イラスト提供
○KADOKAWA/角川書店『角川まんが学習シリーズ 日本の歴史 12 明治維新と新政府』作画アシスタント

カレンダー

<   2018-04   >
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930